Go to...

待てる人に向いている心理カウンセラーのスクール

合理的な判断というのは、時には冷たい対応と受け取られてしまう危険性もあります。特にそれが問題となるのが、心に傷を負っている人に対応する時です。心に悩みを抱えている人の話は、取り留めがなくて、聞いていてもどかしい部分が多いものです。不毛な議論を繰り返すことも多いものです。心が健康な人からすれば、原因解決のための最短の方法を考えた方が良いと思ってしまうことでも、なかなか結論を出しません。しかし、そういった不毛な議論にも意味があると考えられるような、待てるタイプの人であれば心理カウンセラーに向いています。心理カウンセラーのスクールに通い、基礎、プロ養成、といったコースを修了すると資格が取れます。その後はカウンセラーやセラピストがいる施設で働くケースが多いです。心の悩みを聞き、結論を急がないタイプの人には適性があります。

心理カウンセラーのスクールで学んでから職に就く

心理カウンセラーになりたいのであれば、心理学を学べるスクールに通って、そこで資格を取ってから働くと良いです。資格無しでも働ける場合もありますが、全く知識0では患者さんに対して適切な対応は出来ません。心の問題は一歩間違えば命の危険があるので、その点では適当に考えてはいけません。本格的に働くのであれば、病院やクリニックの心療内科などで働きます。そのほか、一般の企業、学校、児童相談所、福祉施設、など様々な所で求人があります。雇用形態はほとんどが契約社員です。ただし、スクールやサロン系の場合には正社員として働くこともあります。人によってはその後独立してフリーランスのカウンセラーとして働いたり、開業することもあります。収入はカウンセリングの内容によって異なり、カウンセリングルームなどであれば月収25万円くらいです。

心理カウンセラーのスクールはどのように行われるか

心理学を学ぶためには、教科書を使った座学だけでは足りません。心理カウンセラーのスクールでも、ほとんどの学校が実践的なディスカッションやカウンセリング方式による授業が行われています。講師と生徒が一対一で向かい合って勉強するタイプのスクールもありますが、そういったケースはむしろ少なく、大多数がグループディスカッション方式の授業です。ディスカッションやカウンセリングはグループ単位で行われることが多く、学んだ心理学を用いて論じ合います。心理カウンセラーに求められる能力の一つに、相手の話に耳をかたむける力があります。相手の話を聞かないことには、相手がどんな事で悩んでいるのかがわかりません。そのため、まずは聴く力を育てていきます。また、相手の話から心の状態を察する能力、冷静に判断する能力、なども求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です