Go to...

スクール心理カウンセラーについて

私は中学校時代スクールカウンセラーさんにお世話になったことがあります。その時は勉強や部活、人間関係など日々に追われて、悩む日々が多かったと思います。そして教室に入れなくなった時期がありました。その時に担任の先生からスクールカウンセラーさんを紹介されて、話したことがあります。そのときに好きなことを聞かれて、そえを伸ばすといいと言われました。私はお菓子作り、テレビを見ること、音楽を聴くことをあげました。そしたら自分の好きなことをして良いんだと思いました。それから私は好きなことをするようになりました。お菓子作りが大好きになり、家族に食べてもらっておいしいと言われた時はとても嬉しくなりました。それから、部活の友達に作ったのをプレゼントしたり、お弁当の時にデザートとして作ったりしたら友達から喜ばれ、いつしか学校に行くことが楽しくなってました。心理カウンセラーさんの力はすごいと思いました。私は今高校で心理について勉強しています。あの時救ってくれたカウンセラーさんのように私も心理の勉強をして自分や友達、困ってる人を助けられるようになりたいと思いました。

心理カウンセラースクール

心理カウンセラースクールに通いたいと思った切っ掛けは、自分が精神的な病気にかかり通院をした経験があったからです。トイレと食事以外で布団から出ることができなくなり、家族に通院を勧められました。通院は長期間続きなかなか治らず回復を諦めてしまいそうでした。どうして自分は病気なんだろう?病気と健康の違いは何だろう?私が病気であるという根拠は何だろう?そういう疑問が段々と増えていきますが、それは通院では解決しない疑問でした。そこで自分で色々学んでみようと思い立ち、スクールへ通いました。初めは基礎の心理学から臨床の心理学などを学び、カウンセリングの様々な方法を学ぶうちに、自分の中の問題点に気が付きました。問題点がわかると解決方法もわかってくるものらしいです。勉強を終える頃には普通の生活ができるまでに回復していました。多分スクールへ通う人は人の役に立ちたい方が多いと思いますが、困っている本人が自分を見つめ直すために通うのも大変有効だと思います。

心理カウンセラーの専門のスクールで学ぶ

今は精神的なストレスを抱えている人、心に悩みを持つ人が多い時代ですが、そうしたストレスが心身に不調をきたしてしまう場合もあります。そしてそういった人達の悩みの改善に役立つのが心理カウンセラーの存在です。精神科医とは違いますので、薬を出すような治療を行うのではありませんが、それぞれの悩みを聞き、最適な改善方法を見つけるのに役立つ仕事です。そしてこの仕事はただ話を聞く、相談に乗るというだけではプロとして活躍することはできません。プロとして活躍していくためにはやはり心理学をしっかり学んでおくことが大切ですし、相談者への正しい接し方を知っておく必要もあります。独学だけでは難しいものがありますので、将来プロとして活躍を目指すならやはり専門のスクールで学ぶのが良いでしょう。最近は心理学を学べるスクールも増えていますので、じっくりと調べて質の良い授業を行っている学校を選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です